製品情報

Product

安心の3年保証!車内が撮れる、
24V車両対応 2カメドライブレコーダー

製品特長

前方と車内を同時録画!

前方を映すフロントカメラと車内を映す車内カメラにより、同時録画が可能!
赤外線LED搭載で、夜間でも車内をクリアに録画します。

ナイトクリアVer.2で夜間も鮮明に記録!
STARVIS IMX307搭載!

フロントカメラは、光量が少ない夜間・トンネル内などの場所でも、鮮明でクリアな映像を記録できます。フロントカメラは、監視カメラ用途に使用されるCMOSイメージセンサーSTARVIS 搭載。STARVIS(スタービス)とは1μm² あたり、2000mV以上(カラー品、706cd/m²光源撮像時、F5.6、1s蓄積換算)の感度を有し、可視光領域に加え近赤外領域までの高画質を実現した、監視カメラ用途CMOSイメージセンサ用 裏面照射型画素技術です。

すぐにパーキングモードが使用可能!(本体カメラ・別体カメラ)

■常時、モーション、イベントの組み合わせによる記録
付属品に駐車監視ケーブルが付属しているため、購入後すぐにご使用頂けます。常時(常に録画)、モーション(カメラが動作を検知した場合)、イベント(衝撃)の組み合わせによる設定が可能。駐車中の車上荒らしやイタズラをしっかりと監視・記録します。
エンジン停止(ACC)から最大で12時間録画可能。駐車中にイベント発生(衝撃を検知)した場合、パーキングモード解除時に音声でおしらせします。

<バッテリーを保護>
■タイマーで電源供給する時間を0、1~12時間まで任意設定できます。設定した時間を超えると自動的に電源供給がオフになります。
■電圧監視機能によって設定した電圧を下回ると自動的に電源供給がオフになり、バッテリーを保護します。
※パーキングモードでは画質を抑える事で長時間録画を可能にしています。

フルハイビジョン録画 !
HDR[ハイダイナミックレンジ]搭載 !

フロントカメラは、フルハイビジョンで撮影!細部までくっきりとした映像で記録します。
フロント・リアカメラともにHDRによる画像合成技術により、急激な明るさの変化が発生しても白トビや黒ツブレを低減して録画します。

超速GPS採用! 自車位置や速度も記録【NEW】
安心のGPSおしらせ機能

■超速GPS採用!6種類76基※の衛星を使用可能。
受信可能な衛星数が多いので、測位が不安定な都心部の高層ビル街や山間部などでも精度の高い測位が可能です。正確な位置情報や走行速度、走行軌跡も記録されているので万一の事故のときにも安心です。
※2018年1月現在の受信稼働数より(一時使用禁止衛星を除く)電源を入れてから約10秒※で信号をキャッチ。GPSの軌跡を瞬時に計算し、素早く自車位置を測位できます。※GPSの受信環境により、動作に時間がかかる場合があります。電源OFFから72時間を経過すると超速GPSは機能しません。様々な条件により機能しない場合があります。

■GPSお知らせ機能
ドライブ中の危険なエリアを警告音と画面表示で事前におしらせします。

スーパーキャパシタ搭載
microSDカードフォーマット低減機能
SDカード書き込み禁止モード検知機能

■スーパーキャパシタ搭載!
スーパーキャパシタを搭載しているので、事故の衝撃で電源ケーブルが外れてしまっても録画画像を正常に保存するまでは動作するので、 撮り逃しを防ぎます。

■microSDカードファーマット低減機能搭載!独自システムで安定した録画が可能
設定した録画画質によってmicroSDカードにセルスター独自のファイルシステムが適用されます。このシステムでは録画ファイルの断片化を無くし、エラー発生率を低減するので定期的なフォーマットが低減できます。

■SDカード書き込み禁止モード検知機能
microSDカードの異常や劣化により、書き込み禁止状態(書き込みできない)が発生することがあります。本機は、起動時に自動でmicroSDカードの書き込み禁止状態を検知し、microSDカードの交換を促す画面を表示し、撮り逃しを防ぐことができます。

安全運転支援機能(本体カメラ)

本体カメラで安全運転支援機能を動作。音と画面表示でお知らせます。
※機能を使用する前に車両に合わせた設定が必要になります。

3つの録画モード

■常時録画モード
LEDが点滅し、1分単位で録画し続けます。
※パーキングモードでは、常時録画画質の設定によって1分~7分まで変動します。

■イベント録画モード(自動)
常時録画中にイベント(走行中の外部衝撃や事故)が発生した場合、常時録画を中断して、効果音とLEDが点滅(速い)し、前後のイベント録画ファイルを生成します。イベント録画モード後、常時録画モードに戻ります。

■クイック録画機能(手動)
イベントを手動で録画する機能です。

2.4インチタッチパネル搭載、ワンタッチでクイック録画も!

イベント録画を残しておきたいとっさの状況でも大きいクイックボタンをワンタッチするだけでクイック録画を開始できます。クイック録画の映像データは、上書き保存されないので※残しておきたい映像を撮るときに有効です。※microSDカードの最大容量を超えた場合、古いデータから順次削除されます。

いろいろな場所に取り付けが可能

■車内録画に最適、別体カメラだから色々なアングルで撮影可能
車内は別体カメラで撮影するので、本体の設置位置には捉われずお好みで設置でき、撮影アングルも自在です。また、本体、別体カメラともダッシュボードへの設置も可能です。

■様々な車種に取り付けが可能
車種によってフロントガラスの角度は様々ですが、撮影アングルが最適になるよう取り付け自由度の高い専用マウンドベースを採用しています。フロントガラスが寝ている車、逆にワンボックスのように立っている車でもOKです。付属のボールジョイントを交換すればダッシュボードにも取付けできます。

カンタン操作!専用ビューアソフト

記録した映像データは専用ビューアソフトでカンタンに再生可能です。記録データにGPS情報が付加されるので日時情報、インターネット地図連動(走行軌跡)、Gセンサーによる振動情報を表示できます。また、「交通事故報告書(XLSファイル)」の書き出しも可能です。
専用ビューアソフトダウンロードはこちら※セルスター工業㈱のサイトへ移動いたします。※専用ビューアソフトはWindows専用です。

その他の機能

製品仕様

品 番 AG423-DRC
電源電圧 DC12V/24V
動作温度範囲 -10℃~60℃
撮像素子 本体カメラ:200万画素 カラーCMOSセンサー
別体カメラ:100万画素 カラーCMOSセンサー
録画画素数 200万画素(FullHD)
100万画素(HD)
35万画素(D1)
※別体カメラは 100万画素(HD)/35万画素(D1)
視野角 本体カメラ:水平119° 垂直62° 対角147°
別体カメラ:水平104.56° 垂直55.36° 対角124.78°
F値 本体カメラ:F2.0
別体カメラ  :F2.0
最低被写体照度 本体カメラ / 別体カメラ:3LUX
本体サイズ (突起部除く) 本体カメラ:92(W)×23.5(D)×51(H)mm(突起部含まず)
マウントベース取り付け時 82(H)mm
別体カメラ:42(W)×17.5(D)×31(H)mm(突起部含まず)
マウントベース取り付け時 54(H)mm
重量 本体カメラ:96g
別体カメラ  :22g
付属品 常時電源コード(駐車監視対応/約5m)/本体用マウントベース※両面テープ(ガラス用)貼り付け済/両面テープ(常時電源本体取り付け用)/本体用ボールジョイント(ダッシュボード用)/別体カメラ用マウントベース/別体カメラ用ボールジョイント(ダッシュボード用)/本体用マウントベースの両面テープ(ダッシュボード用)/撮影中ステッカー/別体カメラ用マウントベースの両面テープ(ガラス用)/コードクリップ×10/別体カメラ用マウントベースの両面テープ(ダッシュボード用)/カメラ接続コード(約0.8m)/脱脂クリーナー/取扱説明書/32GB microSDTMカードクラス10/SDHC規格準拠
録画画素数 200万画素(FullHD)
100万画素(HD)
35万画素(D1)
※別体カメラは 100万画素(HD)/35万画素(D1)
録画画質 ■FullHD
高画質(12Mbps)
標 準(10Mbps)
低画質(8Mbps)
■HD
高画質(7Mbps)
標 準(5Mbps)
低画質(3Mbps)
■D1
高画質(2Mbps)
標 準(1.5Mbps)
低画質(1Mbps)
録画画角 ■FullHD
本体カメラ:水平117.9° 垂直62.2° 対角141.2°
別体カメラ:非対応
■HD
本体カメラ:水平117.9° 垂直62.2° 対角141.2°
別体カメラ:水平104.56° 垂直55.36° 対角124.78°
■D1
本体カメラ:水平88.5° 垂直62° 対角108.05°
別体カメラ:水平84° 垂直55.36° 対角104.36°
録画圧縮 録画AVI(H.264)、静止画JPEG
録画モード 常時録画/常時録画+イベント録画/クイック録画
(常時録画/モーション録画/常時録画+イベント録画/モーション録画+イベント録画 
※パーキングモード時)
GPS あり
HDR 有り ※別体カメラは有りで固定
3Gセンサー 有り(衝撃感度 10段階)
対応外部記憶媒体 microSDカード8GB~32GB(クラス10/SDHC規格準拠、NANDタイプは「MLC」を推奨)、 64GB(クラス10/SDXC規格準拠、UHSスピードクラス:UHS-1以上、NANDタイプは「MLC」を推奨) ※弊社オプションmicroSDカード推奨
記録データ 日時、加速度、走行速度、位置情報、映像ファイル
音声録音 有り(オン、オフ設定可)
外部映像出力 有り(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時なし
VCCI クラスB
保証期間 3年

前方と車内撮影を同時録画し、駐車監視機能装備!
安心の日本製で充実の3年保証。

よくある質問

  • Q. スバルのアイサイトに取り付けして干渉する事はありますか?
  • A. 運転支援装置が装備されているお車の場合、取付場所が限定されていることがあります。ですので、車両メーカーが設定されている、ドライブレコーダー取付可能範囲に取付してください。 具体的な取付可能範囲は車両メーカーにお問合せください。
  • Q. リアのスモークガラス(プライベートガラス)への取り付けは可能ですか?
  • A. スモークガラス(プライベートガラス)に関しては、同じ透過度でも色や周囲の明るさなどで録画条件が大幅に変わります。推奨はできません。
  • Q. リヤガラスにTV、ラジオなどのアンテナ線がある場合、どのようにリアカメラをつければよいですか?
  • A. カメラとの距離取って取り付けるようお願いします。
  • Q. 「製品の専用ファイルシステムは記録と削除の繰り返しによる SD カードの断片化を格段に抑えたファイルシステムとなっているため、SD カードをフォーマットする頻度を大幅に減らし、使用することができます。」と取扱説明書に記載されていますが、具体的にフォーマットはどれくらいのサイクルで実施したらいいのでしょうか?
  • A. フォーマット軽減モデルになるため0ではありませんが基本、定期的なフォーマットは必要ありません。フォーマットが必要になった時は製品よりエラー表示でお知らせします。ただ、2カ月に1回くらいのペースでもフォーマットを行って頂くと、よりエラー表示は出にくくなります。
  • Q. 毎日乗らないけど駐車監視機能を使用しても大丈夫ですか?
  • A. 車両の常時電源を使用して作動するため、車両バッテリーへの負荷がかかります。1日の走行が1時間以下・車両バッテリーを1年以上使用している場合には車両バッテリー上がりの原因となりますので、駐車監視機能のご使用を控えていただくか、一度車両バッテリーの点検をお願いします。また、駐車監視機能をご使用にならない時は、常時電源本体の電源供給する時間を「0時間」に設定してください。
  • Q. 駐車監視機能中も車内カメラの赤外線LEDは働いていますか?
  • A. 赤外線LED機能を【オン ディマー(夜間のみ)】【オン 常時】に設定していれば赤外線LEDは働きます。 オンディマー:4月から10月は18:00~5:00 11月から3月は16:00~7:00赤外線LEDを点灯します。 オン 常時:常時赤外線LEDを点灯します オフ:赤外線LEDを消灯します。 ※GPS未測位時は赤外線が点灯されます。
  • Q. SDカード異常や、SDカードを確認してくださいと表示される。
  • A. ①付属のカードを使用されているかどうかを確認してください。 ②micro SDHCカードに傷や割れは有りませんか? ③SDカードのフォーマットをしてください。 その際、カードを認識するかどうかご確認ください。
  • Q. microSDカードを取り出したいのですが、エンジンOFFにしても本体は点いたままなので取り出せません。電源コードを抜いて問題はありませんか?
  • A.  パーキングモード機能をお使いで、microSDカードを本体から取り出す際は、DCコードのプラグを本体から外し、電源がOFFになったことを確認してから、microSDカードを抜き差ししてください。
  • Q. microSDカード内のキャプチャーフォルダも容量一杯になると、上書きされるのでしょうか?それとも静止画が撮れなくなるのでしょうか?
  • A. 全てのフォルダに対して上書き(古いものから消去)の処理となります。
  • Q.  どの銘柄のmicroSDカードであれば対応していますか?
  • A. 弊社対応オプションmicroSDカードを推奨していますが、市販のmicroSDカードもスペックを水準以上であれば対応しています。 対応外部記憶媒体 microSDカード8GB~32GB(クラス10/SDHC規格準拠、NANDタイプは「MLC」を推奨)、64GB(クラス10/SDXC規格準拠、UHSスピードクラス:UHS-1以上、NANDタイプは「MLC」を推奨)
  • Q. microSDに交換すると設定が変わりますが不良でしょうか?
  • A. micro-SDカードに依存している仕様の為、AG423-DRCの設定が変わる場合があります。
  • Q. AG423-DRCの録画ファイルを個別に消去するにはどうしたら良い?
  • A. AG423-DRCは、本体で初期化をしてテンポラリーファイルを形成させる必要があります。仕様的にmicroSDカード内のデータを個別で消去する事が出来ませんので了承いただけます様お願い致します。
  • Q. 常時電源本体のLEDが三回点滅、その後点灯、その後消灯しますが異常ですか?
  • A. 常時電源本体に通電が始まると、3回点滅して1分間点灯し消灯する正常動作になります。12V車設定か24V車設定かを判断している動作です。
  • Q. 暑い時に高温注意のエラーが表示するが故障でしょうか?
  • A. 本体が高温時は録画動作を停止します。エアコンなど使用して車内温度が低下すると録画を再開しますので故障ではありません。
  • Q. フロントガラスから両面テープが剥がれた。
  • A. 貼り付け面に汚れが付着(油分を含む)されていた可能性があります。脱脂クリーナーにて再度フロントガラスを脱脂して頂き、両面テープを貼り替えて再度取付をお願い致します。 両面テープは弊社製品を販売しているカー用品店でアフターパーツ扱いで取り寄せが可能です。金額はオープンプライスになります。 もしくは弊社ショッピングサイト セルスターダイレクトにて購入が可能です。 https://cellstardirect.jp/
  • Q. アイドリングストップ車に取付けはできますか?
  • A. 取付けは可能です。アクセサリー電源の安定した場所に電源線の取付けを行なってください。
  • Q. 車両側の時速と、ドライブレコーダーの時速表示が違う
  • A. 車両側の時速表示は、タイヤの回転数等で計測し表示します。また実際のスピードより遅く表示することはできないため、実際のスピードより約5%から10%程度早く表示されます。 ドライブレコーダー側は、GPS受信後、1秒ごとなど GPSと本機のデータ通信の時間の間の移動距離を時速に変換し表示しています。
  • Q. LED信号機は対応していますか?
  • A. 弊社のドライブレコーダーはLED信号対策済みで全国でどのフレームレートでも撮影が可能です。 (LED信号機は早い点滅で撮影されます。)
  • Q. フレームレートとは?
  • A. 1秒間に撮影する枚数を表します。数値が大きいほどなめらかな映像になり、その反面データの容量が大きくなるため記録時間は少なくなります。
  • Q. 記録映像のFullHD/HD/D1とは?
  • A. 画像のサイズを表し、FullHD(1920×1080)/HD(1280×720)/D1(720×480)とサイズが変わります。 サイズが大きいほど綺麗な映像となりますが、記録容量が大きくなるため、記録時間が短くなります。 サイズが小さいほど荒い映像となりますが、記録容量が小さくなるため、記録時間が長くなります。
  • Q. ビューワソフトはMacに対応していますか?
  • A. 申し訳ありませんが、Windowsのみの対応となります。
  • Q. ビューワーソフトで録画データを再生できない。
  • A. ①パソコンのセキュリティによっては、録画データの再生が出来ない場合があります。企業様の場合、セキュリティを管理者様にビューワーソフトが使用出来る様にして頂ける様ご確認ください。 ②パソコンのカードスロットやSDカードリーダーライターが大容量のSDカードに対応していない可能性があります。
  • Q. ビューアーソフトのダウンロードを進めたら「WinZip体験版」をすすめる画面が出てしまいます。
  • A.  パソコン側の設定になりますので、この表示を消す方法はパソコンメーカーにお問合せください。
  • Q. 映像をセルスター製レーダーの待受画面に表示させる事は出来ますか?
  • A. 映像をセルスター製レーダーの待受画面をカメラにして、V-OUT出力をオン設定にする事で表示可能です。 ※AG423-DRC本体の画面は表示しなくなります。
  • Q.  専用ビューアーソフトのダウンロードが出来ません。
  • A. パソコン環境に関係があるかもしれません。 セキュリティーソフトが原因でダウンロード・インストールが行えない事がございます。 セキュリティーソフトの機能OFF等を行ってから再度お試しください。 操作説明などの詳細はパソコンメーカー等へご相談ください。
  • Q. ウインドウズメディアプレーヤーで再生できますか?
  • A.  弊社のドライブレコーダーは専用ビューアーでの再生を推奨しております。 他社製のビューアーソフトでの動作については控えさせていただいております。 最新の専用ビューアーソフトダウンロードは下記ページから行なえます。 http://cellstar.co.jp/dlfm/download_viewer.php
  • Q. 新しいmicroSDカードで、ドライブレコーダーのGPS更新をする方法は?
  • A. 下記の手順で進めてください。 1.ダウンロードした【Cellstar】フォルダをmicroSDカードの直下の階層にコピーします。 2.ドラレコ本体にmicroSDカードを入れて起動すると自動更新開始されます。 3.更新が終了しましたら、電源を切って頂き、付属のmicroSDカードに交換してください。
  • Q. AG423-DRCのmicroSDカードはパソコンでフォーマットしたり、パソコンでデータ削除したりすると、AG423-DRCで起動するとフォーマットを促してきます。
  • A. AG423-DRC本体でフォーマットが必要です。 メンテナンスフリー機能の特性として、フォーマットするとフォルダ内にデータ書き込みする仕組みが形成されます。 それらの仕組みが無いとメンテナンスフリーは機能しませんので、フォルダを削除したりしないでください。
  • Q.  microSDカードを強制フォーマットする方法を教えてください。
  • A. 画面上部(左・右どこでもOK)をタッチしたまま電源ONして10秒程度でフォーマット画面が表示されます。 実行ボタンをタッチして再起動後に正常動作すると思われます。 ※この作業後は設定が出荷状態に戻りますのでご了承ください
  • Q.  AG423-DRCの更新されたバージョン確認方法は?
  • A.  microSDカード内にある【VERSION】を開くと、【本体ソフトウエアバージョン】【GPSデータ情報】が確認できます。 例えば、本体ソフトウエアバージョンV0.1.7 GPSデータ更新情報:2020年8月度版を更新した場合は下記の情報が確認できます。 CS-41FH V0.1.7 GpsDB 2020080101
  • Q. 車内カメラ画像の保存方法を教えて欲しい。
  • A. 専用ビューアーソフトの【車外/車内映像切替】にして、車内カメラ映像をメイン(左画面)にして、上部カメラアイコンの【JPG保存】をクリックしていただくと、車内カメラ画像の保存が可能です。
  • Q. AG423-DRCがパーキングモード中にイベント発生した際の画質を教えてください。
  • A. D1/低画質でイベント録画されます
  • Q. 車内カメラ映像に反応してモーションは働くのでしょうか?
  • A. 録画している映像データ全てを監視していますので、車内カメラに対しても反応致します。
  • Q. HDR ナイトクリア1、HDR ナイトクリア2、HDR ナイトクリア3とありますが、どの様な違いがあるのでしょうか?
  • A. HDRとは白飛び防止機能で、ナイトクリアとは少ない光量でも明るく撮る段階になります。 HDR ナイトクリア1:弱、HDR ナイトクリア2:中、HDR ナイトクリア3:強
  • Q. ドライブレコーダーの安全運転支援機能がうまく動作しません。
  • A. 地平線とボンネットで合わせた線の範囲が画像認識させる範囲になります。 車種設定は車高順になっており、乗用車が低い、大型車が高いと、なります。 結果的に試しながら調整をしていただく様お願い致します。 調整方法 車種設定を変えてみる。 地平線・ボンネットを上下してみる。 本体の角度を少し変えてみる。 
  • Q. ドライブレコーダーの専用ビューアーソフトでの衝撃センサー値のXYZの車載時の方向が分かりません。また、+/-はどちらの方向になるのか?
  • A.  X方向(上下)、Y方向(左右)、Z方向(前後)の加速度をグラフ表示しています。 上が+/下が-、左が+/右が-、前が+/後が-です。
  • Q. 新しいmicroSDカードを入れて起動すると、フォーマット案内が繰返されてしまいます。microSDカードフォーマット低減機能が付いている機種ではないのか?
  • A. microSDカードフォーマット低減機能は録画ファイルの断片化を無くし、エラー発生率を低減するので定期的なフォーマットが不要となりますが、新規購入したmicroSDカードはドライブレコーダーの動作環境に合わせる為、必ず本体でフォーマットが必要となります。 他にも録画画質設定の変更や、microSDカードの状態によっては、本体でフォーマットが必要となります。
  • Q. AG423-DRCの消費電流値を教えてください。
  • A. 通常時:約450mA、パーキングモード時:約410mA
  • Q. 取付に関する注意点を教えてください。
  • A. フロントガラス上部からフロントガラス全体の20%以内またはフロントガラス下部から150mm以内に保安基準を守りお取り付けください。 付属マウントベースの汚れ、油分をしっかりと除去してしっかりと両面テープを貼り付け設置ください。
  • Q. LED式の信号機はどの様に映りますか。
  • A. 色を識別できる映像で撮れますが、点滅で映ります。
  • Q. フレームレートは30fpsと記載されていますが、LED信号はどの様に撮影されますか。
  • A. 東日本、西日本に関わらず点滅で記録されます。 ※色は識別可能

PAGE TOP